■サイトマップ  ■個人情報保護方針 

施工例助成金のお話お客様との会話


介護保険の居宅介護(介護予防)住宅改修費支給制度(弊社で手続きを代行いたします。)
区役所健康長寿課介護保険係で事前相談を行ってください。(弊社を手続きをいたします。)
介護保険から住宅改修費の支給を受けるためには、改修工事前に区役所窓口での申請が必要になります。

1.居宅介護(介護予防)住宅改修費の支給について。
(1)介護保険制度では、要介護(支援)者の居宅での生活を支援するため、手すりの取り付け、床段差の
  解消、すべり防止のための床材の変更、引き戸等への取替え、洋式便器等への便器の取替えなど
  の改修を行った場合には、申請により住宅改修費用(原則:現に居住する住宅について消費税を含み
  同一住宅・同一対象者で20万円まで)の9割(18万円まで)が保険から給付されます。
  1割は、自己負担です。
(2)居宅介護(介護予防)住宅改修費の支給を受けることを検討されている方は、住宅改修を行う前に区
  役所窓口で申請手続きを行ってください。


2.支給の申請手続きについて
○介護には介護保険被保険者及びの書類が必要です。

【住宅改修を行う前に必要なもの】
申請書及び理由書は、区役所健康長寿課介護保険係窓口で配布します。

(1)介護保険居宅介護(介護防止)住宅改修費支給申請書
(2)介護保険居宅介護(介護防止)住宅改修について必要と認められる理由書
  住宅改修が必要と認められる理由を、介護支援専門員など広島市が認める資格者に書いていただく
  ことになります(書類作成に要する自己負担はありません)。居宅サービス計画等を作成している介護
  支援専門員以外のものが理由書を作成する場合は、当該居宅サービス計画等を作成している介護支
  援員等の記名、押印が必要となることがあります。
(3)見積書
  あて先が被保険者本人で、日付、金額が明記されており、住宅改修事業者の記名、押印があるもの。
(4)住宅改修の予定の状態が確認できるもの
  改修の箇所ごとの完成予定の状態がわかるもの(写真又は簡単な図を用いたもの)
(5)住宅所有者の承諾書
  住宅所有者が支給対象の被保険者以外の場合は、所有者が改修について承諾したことの確認でき
  る書類(承諾書など)が必要。

【住宅改修完了後に必要なもの】

(6)工事完了届
  支給対象工事の着工及び完成の年月日がわかるもの。
(7)工事内訳書
  支給対象工事の箇所、内容や規模を明記し、材料費、施工費、諸経費等を区分したもの。
(8)領収書
  あて先が被保険者本人で、金額、住宅改修費施工業者社名、日付等が明記されており、領収の確認
  (領収等)があるもの。
(9)住宅改修の完成後の状態が確認できる書類等
  改修した箇所ごとの改修前及び改修後の写真(原則、撮影時のわかるもので改修前と同じ角度で撮
  影したもの)


3.支給の対象について
支給には以下の条件があります。
(1)被保険者が実際に居住する住宅の改修であること。
(2)被保険者の身体の状況、住宅の状況により必要があると認められる改修であること。
(3)支給額は、被保険者ひとりにつき18万円を上限とすること。
(4)改修の内容が以下の種類のものであること。

改修の種類 内容 改修例
手すりの
取り付け
廊下、便所、浴室、玄関等に設置して
移動を助けたり、転倒を予防するもの
であること。手すりの形状は、二段式、
縦付け、横付けなど適正なものである
こと。
段差の解消 居室、廊下、便所、浴室、玄関等の床の
段差及び玄関から道路までの通路等の
段差を解消する改修であること。
ただし「昇降機・リフト・段差解消機等動
力により段差を解消する機器の設置工
事」は除く。
・敷居を低くする工事
・スロープを設置する工事
・浴室の床のかさ上げ
床又は通路面の
材料の変更
すべりを防止、あるいは移動を円滑にす
るためのものであること。
居室 畳式から板製ビニル系床材への変更
浴室/通路 滑りにくいものへの変更
扉の取替え 引き戸への変更など扉全体の取替え及
び扉の一部の取替え。ただし、引き戸の
への取り替えに併せて自動ドアとし場合
は、自動ドアの動力部分の設置に関する
費用は保険給付対象外となる。
・開き戸から引き戸・折戸・アコーディオン
 カーテンへの取替え
・ドアノブの変更
・戸車の設置
便器の取替え 和式便器から洋式便器への取り替え工事であること。
※1 「和式便器から、暖房便座・洗浄機能等がついている洋式便器への取り合え」は
    対象となるが、既に洋式便器であった場合でこれらの機能等を付加する改修は
    対象外。
※2 「非水洗和式便器から水洗式洋式便器又は簡易水洗式洋式便器への取替え」の
    場合は、工事のうち、水洗化又は簡易水洗化工事の部分は対象外。
上記住宅改修に
付帯して必要と
なる住宅改修
<手すりの取り付け>手すりの取り付けのための壁の下地補強。
<床段差の解消>浴室の床の段差解消(浴室の床のかさ上げ)に伴う給排水設備工事。
<床又は通路面の材料の変更>床材の変更のための下地の補強や根太の補強など。
<扉の取替え>扉の取り替えに伴う壁又は柱の改修工事。
<便器の取替え>便器の取り替えに伴う床材の変更、便器の取り替えに伴う給排水設備
           工事(水洗化又は簡易水洗化に係わるものを除く)


工事を伴った改修が支給対象となります。したがって、福祉用具貸与又は特定福祉用具購入支給の対象となる
用具を設置する場合はことなります。
その他、対象外となる改修工事もありますので、詳しくは区役所健康長寿課までお問い合わせください。
また、介護保険対象外の工事の場合、高齢者住宅改造補助制度が適用される場合もありますので、区役所健
康長寿課にお問い合わせください。

広島市以外の自治体では内容が異なる場合がございます。


>>アフターケア
>>健康・介護リフォーム
>>安心リフォーム
>>5年間保証制度
 
個人のお客様   法人のお客様   介護事業
■住宅部WEBサイト   ■建築事業部   ■光南あおぞら
■健康・介護リフォーム   ■TATEMONODOCK  
■TATEMONODOCK   ■マンションリフォーム   □会社概要
■マンションリフォーム   ■現在建設中の建物   □お問い合わせ・ご相談
■安心リフォーム     □求人・採用情報
■5年間保障     □サイトマップ
■現在建設中の建物     □個人情報保護方針